FC2ブログ

武雄でとんてんかん

施工日記や、日常での出来事が満載!

温度測定


実は事務所に赤外線で温度を測れる機械があります。
それを使って、スーパーウォール仕様の事務所の温度を測ってみようと思います。
*写真は1月24日のものです。

201401249.jpg
これは床の温度。ピンボケですが22度と表示しています。


201401248.jpg
天井の温度は23度。(これもピントが合ってない


201401247.jpg
温湿度計のついた時計の下の壁は24度。
1月24日(金)午後3時25分。上の写真の天井と床も同じ時刻のものです。
で、その時刻の室内の温度は21.8度ということになります。

201401243.jpg
そしてその時の事務所のFFストーブは、設定温度を超える室温のために“消火中”。

FFストーブは、外から吸気して燃焼し、排気を外に出すという仕組みで、
室内の空気を燃やさない、高気密の建物には最適のストーブです。
エアコンの風が苦手な私にはありがたい暖房器具です。 ただし、動かせません。


温度の状況から、スーパーウォールの性能は中々のものだと思いませんか? 
何だか嬉しくて、24日以降この日と近い時間に続けて温度を測っています。


報告はまた後日!






快適です!

ご無沙汰していました。“暑い”を通り越して“熱い”毎日ですが、
おかわりないでしょうか?
まだ梅雨明けしていない所では、大雨の被害が深刻なようです。

こんなに厳しい世の中ですが、新しい事務所は「快適」です。
温度と湿度を見てみましょう。(今日の午後2時少し前)

・外の気温  38.1度  湿度47%
DSC02137_convert_20130727144030.jpg

・事務所の温度 26.7度  湿度67%
DSC02136_convert_20130727143916.jpg

・2階の温度 29.4度  湿度69%
DSC02135_convert_20130727143703.jpg


エアコンをつけているのは1階事務所の1台のみ。
設定温度は27度です。
スーパーウォールの気密・断熱性能の高さで、家の中の温度差も3度弱。
幻の漆喰と音響熟成木材の調湿力のおかげか、湿度は外より高めですがジメジメ感はありません。
お蔭で、エアコンをかけている時のお肌のパリパリ感はまったくありません。

とても快適な環境で仕事をしています。 



事務所のクジラも気持ちよさそう!!
DSC02139_convert_20130727144201.jpg



*自宅に帰ると汗だくで大変です。


ご無沙汰でした。

このたび、事務所を建て替えることになりました。
工事期間中の仮事務所はモデルハウスです。
04.jpg

モデルハウスまで通勤しています。 ルンルン!!
08.jpg

コピー機やパソコン、机などが入ったので、少し感じが変わりました。
でも、やっぱり快適です。 ルンルン!!

09.jpg


近くに来られたら、是非お立ち寄りください。





物より心!

皆さんの「幸せの指標」って何ですか?
*指標とは物事を判断したり評価したりするための目じるしとなるもの

・世の中から羨ましがられるような会社で働いていること
・たくさんのお金やお宝を持っていること
・海外旅行をすること
・名声や地位があること
         ・・・・・ですか?

そういうものがあれば本当に「幸せ」でしょうか?
もしそうだとしたら、それらを守るために悩んだり走り回ったり、苦しんだり人を泣かせたりすることもあるでしょう。

一方、「幸せの指標」を自分の内側にある愛情や思いやり、感謝のような「心」に置けば、おいしい朝ご飯や道端の可憐な花、お天気が良いこと、昼寝をする時間など、たとえどこに行こうと、何をしようと、誰といようと、そこに幸せを感じることができるし、常に落ち着いていることができます。
そしてそんな人は、ほとんどの人生を幸せに過ごすことができるのです。

幸せを見出す答え、問題解決の答え、更には人生のすべての答えは、自分の内にあります。


という文章を先日読みました。

勝手に送ってくるメールマガジンに書いてあった内容ですが、
大いにうなずいてしまいました。

人は物より「心」!


DSC00713_20121004161232.jpg





再始動開始!

ちょうど1年、更新をサボっておりました。


季節は巡り、今年も桜の花が終りました。
1年って、あっという間ですね。

その間、特に何かに熱中していた訳でもなく、
日々、淡々と過ごしておりました。

暑かった夏には汗を流しながら節電を心がけ、食欲の秋には脂肪を蓄え、
でもその脂肪で寒さを凌げるほど、生ぬるい冬ではありませんでした。
温暖化は春から秋までで、冬はやっぱり冬でした。



命が芽吹く春の到来と共に、またこのブログを始めてみようと思います。
変り映えはしないかもしれませんが、とにかく、再始動してみようと思います。