武雄でとんてんかん

施工日記や、日常での出来事が満載!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押し迫りました。

P1010022_convert_20081229191754.jpg

仕事もいよいよ今日までとなりました。
仕事といっても、大掃除だったのですが・・・。

朝から頑張りました。

何とか新年が迎えられそうです。


皆様も良いお年を!



*新年は5日から営業いたします。
 それまで、ブログもお休みさせていただきます。




スポンサーサイト

家を建てるとき    その9

●自然素材について
 ビニールクロスや合板、塗料や接着剤などの安全基準が設定され、★の数でその安全性を表すようになりました。 しかし、基準以下だから安全だという保障はどこにもありません。
 ということで、ここ数年自然素材が脚光を浴び、土や木、紙などをたくさん使った住宅が増えてきました。自然素材は人体に無害なだけでなく、リラックスさせる効果ももたらしてくれます。解体してもやがて自然に還っていきます。 こうした自然素材を使った「健康住宅」は、実は引越しするまでの健康住宅だったのです。 私たちは新築した家に、たくさんの家電製品や化学繊維の洋服、合板の家具などを持ち込みます。 それらからも化学物質のガスが発生するのです。 それまでの合板やビニールだらけの家より、はるかに心地よい環境にはなりますが、どうせならきちんとした「健康住宅」に住んでほしいと思います。 私たちの会社では カイケンコーポレーション㈱
   ・清活畳
   ・音響熟成木材
   ・幻の漆喰
   ・うづくりの床
を取り扱っています。 
 
化学物質過敏症やシックハウスの症状のある方だけではなく、ストレスをたくさん抱えた人にもとても快適な環境の家ができあがります。 自然素材、健康素材を考えておいでの方には、是非検討していただきたい材料です。  詳しくは当社HPをご覧ください。




*おまけ
DSC00876.jpg
最近寒くなったので、時々私の布団の中に入ってくるようになりました。
お蔭様でヌクヌク・・・、です。
 



ミニ土鍋

DSC00903.jpg
made in china ではありますが、100均で100円の土鍋を買いました。
寒くなって、お昼ご飯も熱々のものがいいなぁ~と思い、
手始めにインスタントラーメンを作りました。 形は小さくても
土鍋は土鍋。グツグツで熱々のラーメンが出来上がりました。
そのうちに豆腐や白菜を持ち込んで、お昼の一人鍋でもやって
みようかと思います。

この鍋から変なものが溶け出さないことを願いつつ・・・。


ビオラとミニシクラメンの寄せ植えです。
事務所の玄関に飾ってあります。 
DSC00860.jpg
DSC00858.jpg
パンジー系の花はほのかな香りがして、
気持ちが和みます。





エコな冷え性対策。

今年はホームセンターなどで“湯たんぽ”が目につきます。
ブリキだったりプラスチック系だったり、カラフルな色がかわいかったり、
色んな形のカバーがかわいかったり・・・。
そういえば、懐かしい“豆炭あんか”もありました。(古い・・・!?)

先日、長さが15cmほどのこんなかわいい湯たんぽをいただきました。
(私が選んだのはグリーンです)
お湯の量は500ml。 小さいから効果の程は期待してはいなっかたのですが、
それが何と、暖か~い

電気毛布をつけっぱなしだと肌が乾燥してしまうんですが、これだとお湯の
自然な温かさで、足先がぽかぽかして気持ちよく眠れました。 

何だか時代を逆行しているようですが、こういうことがエコにつながっていく
気がします。


DSC00900.jpg





(追伸) 
窓辺のSNOWMANさんは、点灯するとこんな風になりました。

DSC00901.jpg





さつま芋 と Good Job

事務所の脇の空き地に置いてある素焼きの鉢が空いていたので、梅雨前に
芋の芽を4本ほど挿しておきました。 そのままホッタラカシ。
つるが枯れかかったので、先日掘ってみました。



直径63cm 高さ45cm

DSC00866.jpg
出てきました、さつま芋。

DSC00869.jpg
全部で15個ほど。スマートです。

DSC00891.jpg
ストーブの上で石焼芋になりました。


芋を焼くためのこの鍋と石(去年奥様が買ってこられたもの)、
なかなかいい仕事をしてくれます。 
特別の芋ではない普通の芋でも美味しい石焼き芋になります。
ウ~ン、Good Job!



夜の・・・

事務所のイルミネーションです。


こんな感じになりました。
いかがでしょうか?

DSC00833.jpg     DSC00844.jpg

DSC00834.jpg     DSC00852.jpg



ランプのチカチカがかわいくて、ついつい見とれてしまいます(自画自賛!?)。
近くに来られたら、是非見てくださいね。


今日から寒くなりそうです。
風邪をひかないように、注意しましょう。



12月といえば・・・

そうです、イルミネーションの時期になりました。

今年は去年より気合を入れて、頑張ってみようと思います。


DSC00865.jpg  DSC00840.jpg


DSC00839.jpg  DSC00842.jpg


今年のテーマは、 "白”(の、つもり)。
ふわふわのファーがポイントです。

左上は去年使ったプラスチック系のネットを丸くして、それに小物とLEDのイルミネーションランプを垂らしています。 赤、青、緑、オレンジのランプがチカチカしてくれます。
左下は、中に麻が入ったナチュラルなSNOWMANで、久々の一目惚れでした。


これらが夜になるとどんな風に見えるか、次回をご期待ください。




家を建てるとき   その8

*窓廻りについて

窓は光や風をとり入れ、外の景色を眺めるなど、屋外の快適さを呼び込むところです。 逆に外からの視線や防犯の配慮も必要な箇所でもあります。


●窓の種類と特徴

・ハイサイドライト   
  天井近くに開口部があるほど、室内にたくさん光をとり入れる事ができます。 

・ローサイドライト
  床近くにつける窓は、直射日光は入りませんが、ソフトな光や風がとり込めます。
  落ち着いた雰囲気になるので、和室にも合います。

*どちらも外からの視線が入りにくいので、プライバシーを守るのに適しています。
  お隣との距離がなかったり、通りに面した部屋などに。


・横長窓
  腰高の引き違い窓などでおなじみの形。

・縦長窓
  同じ面積なら、横長窓より部屋の奥まで光が差し込みます。

・小窓
  広い窓が取れなかったり外部の視線を遮断したい場所で、採光と換気を調整できます。
  複数を一定間隔でつけると、変化のある光や影が生まれます。

・トップライト
  天井につける窓。 雨を感知して自動で閉まる優れものもあります。
  高い位置に取り付けるので、掃除や遮光・遮熱、開閉の方法の考慮が必要。

その他に、ルーバー窓(ジャロジ-)、出窓、FIX(はめ殺し)窓、すべりだし窓、上げ下げ窓 など、たくさんの種類があります。 採光と風通し、外部との視覚的なつながりなどを考えながら、大きさや形を選ばなければなりません。
また、窓の配置やデザインは、家の外観やインテリアに大きく影響します。 設置する高さが不揃いで大きさもまちまちだと、落ち着きのない外観になります。 窓の種類をある程度限定して、設置位置を揃えると、見た目もスッキリと仕上がります。
風通しや採光だけを考えると、大きな窓を取り付ければいいのですが、それでは構造上の問題が発生する場合があります。 開口ばかりで壁が少なくなると、風力に耐えられない可能性が出てくるのです。 また、窓からの熱の損失は相当な量になります。 その辺も考慮に入れて選ぶようにしましょう。




DSC00489.jpg
チビさんは自分がフカフカ毛皮で暖かいからか、なかなか「猫あんか」になってくれません






  

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。