武雄でとんてんかん

施工日記や、日常での出来事が満載!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外構工事   (庭まわり 3)

DSC00784.jpg
休みの日には猫と一緒にゴロンとなって、ゴロゴロ言いながら日向ぼっこするのが一番です。
ウルサがられて、置いてきぼりになるのが“おち”ですが・・・。



さて、外構工事のその3、です。

1002-4.jpg
アプローチの玄関側からの形です。

1004-4.jpg
1003-5.jpg
レンガで縁取りをしていきます。

1003-3.jpg
車が乗り入れるスペースは、全部をコンクリートで固めるのではなく、穴の開いたブロックを使って芝生をはる部分もつくります。 


もう少しで完成の形が見えてきます。



                             つづく



スポンサーサイト

外構工事 (庭まわり 2)

0926.jpg
車の出入り口側のブロック塀を作り変えます。

0926-2.jpg
スロープと車出入り口の段差ができるので、ブロックで土留めをします。

1002.jpg
前回の一番最初の写真と同じところから撮ったもの。
随分すっきりと広々とした感じになりました。
ここがスロープになって手摺がついて、両側に植物を植え込んで・・・、という風なイメージです。

工事を始める前には考えつかなかった段差ができたり、巾が思ったより広かったり狭かったり、と、工事をしながら変わっていくところもあります。 想像力を越えた部分を修正しながら、いかに提案通りに仕上げていくか・・・。  家と同様に難しい仕事です。



                              つづく

エコの基準

DSC00760.jpg
この間の収穫物の中のスイカ、割ってみたらこんなでした。
う~ん、やっぱりね・・・。


DSC00765.jpg
私の車の走行距離、ただ今105,465km。 まだ4年と10か月。新車で買って今度の12月で2回目の車検。 なのにすでにこの距離。足元で“カランカラン”とネジでも外れたような音がするような・・・。 しか~し、車検を受けて乗りつづけます。 
トヨタのCMで “まだ乗れるけど、エコのために燃費のいい車に買い換えます” みたいな台詞がありました。 それって本当にエコなんでしょうか。 同じくトヨタの小型車のニュースで、小型車、つまり軽自動車ではないのに軽より小さくて、しかも4人しか乗れなくて、それで燃費が23km/Lぐらいしかなくて、値段は100と何十万ぐらいって、それもエコなんですかねぇー。 私なら軽自動車を買います。 税金、安いです。 ちゃんと4人乗れます。 私の場合マニュアル車なので22~23km/L走ります。 特に選り好みしなければ100万円かかりません。  世の中少し変? それとも私が変?



外構工事(庭周り)

8月にお引き渡しが終わったK様邸の外構工事の様子を、何回かに分けてお知らせしようと思います。

これまで階段だった自宅前の坂をスロープにすること、車が玄関先まで入れるようにすることがご要望です。


①
この石の階段と門柱、ブロック塀をはずしていきます。

DSC00708.jpg
ここには大きな石が組まれていました。

DSC00707.jpg
ブロック塀を解体し終わったところです。


これからかなり変わっていきます。

次回をお楽しみに!



家を建てる時    その7

インテリアについて

●基本の1番は配色
どんな色を選んでどうコーディネートするかは、人の心に大きな作用をもたらします。ですから、壁紙やカーペット、カーテン、家具などを選ぶときは配色に気を配って欲しいと思います。

色    ・ 色相・・・・・ 暖色   暖かい印象
             ・・ 寒色  涼しい印象

      ・ 明度・・・・・ 明るい色  軽いイメージ
              ・・ 暗い色   重厚なイメージ

      ・ 彩度・・・・・ 鮮やかな色  華やかな印象
              ・・ くすんだ色   地味な印象

同系統の色を組み合わせると、まとまって落ち着いた感じになりますし、逆に正反対の色をワンポイントとして使ってみると、メリハリのある印象的な部屋になります。


①我が家の基本色を決める。
まず、床の色です。 フローリングにしても木肌の色そのままのナチュラルなものから、濃い色まで様々な種類があります。カーペットになると、もっと沢山の色があります。 家全体の印象を決める床の色は、慎重に選んでください。
床の色が決まったら、その他の木部(ドア、巾木、廻り縁など)の色を合わせます。木部の色がちぐはぐだと、落ち着かない雰囲気になりがちです。

②一つの部屋にあまり多くの色を乱雑に用いない。 
たとえばダークブラウンの床とベージュの壁で落ち着いた雰囲気の部屋が出来上がったとします。そこに、照明器具や置物などでワンポイントとして原色(赤や黄、青など)を置いてみます。 沢山の色を使うより、鮮やかでセンス良い空間になるはずです。

③神経を逆なでするものを排除する。
真っ赤なカーペットやショッキングピンクの壁紙・・・。デパートのディスプレイや家具売り場などの非日常的な空間では、刺激的なものの方が魅力的に見えてしまう場合があります。けれども住まいは家族が安らぎ、癒され、和む場所です。 そのことを頭に置きならが選んでいきましょう。 ただし、長い時間を過ごすところ以外では、ちょっとした冒険もOKです。 トイレとかクローゼットの中などで遊び心を発揮してみましょう。


●テクスチャー(素材感)を揃える。
ナイロン系の布と木綿の布では、見た目も手触りも違います。 例えば寝室で、カーテンをツルツルテカテカな生地を使い、クッションやベッドカバーはナチュラルな風合いの生地にするとどうでしょう。 統一感がないですよね。 一つ一つは素敵でも、それが合わさると“チョッと違う感じ・・・”になってしまいます。 ご用心!


●照明で光と影を演出する。
欧米では家庭用の照明に天井灯をほとんど使わず、大きなフロアースタンドやテーブルスタンドを必要に応じて配置してあります。 このような方法では、部屋全体は薄暗くなり、隅々まで同じ明るさにはなりません。でもそのかわり、部屋の中に光と影が生まれ、雰囲気のある空間になります。 部屋を明るくしすぎると、目に入る様々な色や形を無意識のうちに認識し続けてしまうので、目や神経が休まる間がなくなるという説もあります。 夜になるとカーテンを閉め切って部屋を目いっぱい明るくするのを止め、カーテンを開け、月や星の光を感じながら、スタンドやロウソクの明かりで夕食を楽しんでみてはどうでしょう。 テレビも消して、家族みんなでおしゃべりしながら食事をする・・・。 素敵な団欒の時間になるでしょう。




                            - つづく -



気持ちのいいお天気です。

さて、本日は「体育の日」。 祝日です。
お天気はいいし、連休の最後でもあるし・・・、皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

私、昨日はお休みでしたが、今日は出勤してます。
いつもより車の数は少ないようで、何だかのどかです。


DSC00751_convert_20081013115007.jpg
これは先週の水曜日に収穫したものです。
何と、かわいいスイカが2個。

生ゴミを埋めたところから芽が出て、そのままにしていた結果がコレ!
中身はどうだか気になりますが、とりあえず見た目はスイカです。




10月です。

今日は気持ちのいいお天気で、気持ちのいい一日でしたね。
西の空は夕焼け。
私はこの時期の、枯れ草を焼く臭いが好きです。


DSC00723.jpg
昨日見つけた“秋”です。
道沿いに沢山咲いていたコスモス。
何とも可憐でした。

DSC00724.jpg

誰が最初に種をまいたのでしょうか?

ありがとう!  ですね。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。